スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月6日 2017

8月6日は広島原爆投下の日。広島県出身の友人宅に前日から泊まりこみ、世界陸上のボルトのラストランを見て、8時15分に黙とう。
広島では、朝から平和祈念式典の生中継だが、東京ではNHKですらやっていないことに驚く友人。
名古屋はどうだったかな…昔は見た記憶があるけど。

午後のリハーサルのあと、美術の展覧会を見に行くつもりだったのだが、なんだか疲れてしまったので、予定を変更して東中野の銭湯へ向かう。

駅から銭湯へ行く途中、線路わきの「ポレポレ」という小さな映画館で、沖縄と戦争と基地の問題を掲げた映画が再上演されていた。元沖縄県知事の大田昌秀氏追悼企画で、在りし日のご本人も出演している。

今日が広島原爆投下の日でなければ、出会わなかった映画だった。吸い込まれるように映画館に入り、約3時間にわたるドキュメンタリーを見た。

琉球王国の時代から戦争を経て現在までを、故大田氏をはじめ、元日本兵、元アメリカ兵、集団自決から生き残った方、占領下で子供時代を過ごした方など、インタビュー形式での証言実録。

戦争の残酷さ、基地の問題、人権迫害の問題、アメリカ軍人によるレイプの実態など、衝撃的な証言と映像が、静かな炎のようにまとめられた、素晴らしい映画だった。
戦争を体験した人々は、必ず「戦争をしてはいけない」と訴える。私の明治生まれの祖母もそうだった。空から機関銃で狙われて、生まれたばかりの父を抱いて橋の下に逃げた話を何度も聞かされた。なのに今、日本は戦争のできる国になろうとしている。
これでいいのか?本当に?

すごく長くて読みにくい投稿になってしまったが、ぜひ見ていただきたい映画なので、お知らせします。
「沖縄 うりずんの雨」8月11日(金)まで、毎日19時~
@ポレポレ東中野(東京都中野区東中野4-4-1ポレポレ坐ビル地下)

この映画では、沖縄の人にも、アメリカの人にも、公平にインタビューしていて、沖縄や戦争の事実を、いろいろな角度からとらえています。ただ、日本人としては、米兵を許せない、という気持ちが募ってきます。でも、これを、日本と中国に置き換えてみると、彼らの反日感情を真っ向から否定できないのかもしれないな、と思いました。証言者の中には、日本が中国で行った残虐な行為を証言していらっしゃる元日本兵の方がいます。彼の話を聴いていると、憎しみの気持ちよりも、深い哀しみと、戦争の残酷さを訴える気持ちが伝わってきます。

以下、自分の心に残った言葉をいくつかつづります。言い回しが違うところがあるかもしれませんが、ご容赦ください。

なぜ、集団自決(お互いに包丁で刺しあう、自分の子供に火をつけるなど)というむごいことが起こってしまったのか、という問いに対し、生存者の証言。「あなたにはわからないだろう。『米兵に捕まったら、耳も鼻も切り落とされるから、捕虜になってはいけない、捕虜になるくらいなら死ね』という教育だった。」←「教育」!!

基地反対派、賛成派の問題でフェンスを綺麗にする活動に参加していた女性米軍兵に「あなたは何を守っているのですか?」と聞いたところ「我が国を守っている」つまり、日本ではなく、アメリカを守っているということ。
※そう解釈したのですが、Our country =私達の国=アメリカと日本 だったかもしれません。でも、アメリカと日本とは断言しなかった。もしくは、世界を守っている、ということか?解釈はいろいろあります。


故大田氏が、戦後生きる気力がなくなったときに、戦争を放棄する憲法ができたことを知って、生きる気力をとりもどした。

12歳の少女をレイプした米兵の証言。「同僚は『何か犯罪をしよう』といった。冗談かと思ったが本気だった。レイプをするために女の子を選んだ。あの事件で自分の人生は変わってしまったが、彼女の人生はもっと変わってしまった。心から謝りたい。」

元米兵「沖縄には売春婦がたくさんいる。兵士一人に対して一人ずつだ。」←上官に言われたそうです。

これが過去の事ではなく、現在進行形であること。「沖縄の戦争はまだおわっていない。」という言葉。


公門美佳
スポンサーサイト

ピンポン2017、無事終演!

ピンポン103回公演
ご来場いただいたお客様、まことにありがとうございました!!

出演のお知らせ「ピン・ポン」

チラシ2 - コピー

座・高円寺 あしたの劇場
『世界をみよう』
年齢や国籍を問わずに楽しめる、国内外の小さな舞台作品を集めたフェスティバル。今年はドイツと日本、デンマークとフランスの作品を上演します。
私は日本作品、「ピン・ポン」に出演します!
セリフのない物語の中で、次々と起こる出来事に、ドキドキしたり、わくわくしたり、思わず叫んだり、嬉しくなったり、ちょっぴり切なくなったり…子供はもちろん、大人も童心に帰って、温かい気持ちになれる作品です。

ぜひとも足をお運びください!
公演の詳細、チケットのお申し込みは、座・高円寺HPまで
http://za-koenji.jp/detail/index.php?id=1711

『世界をみよう!』
2017年7月15日(土)~24日(月)
※「ピン・ポン」は15日(月)~17日(祝) 13:00開演
   竹屋啓子/公門美佳 ダブルキャストです。
チラシ1 - コピー




とりあえず更新

今日から名古屋です。バレエ講習会行ってきます!
と、そのまえに、朝から都内でリハーサルなんだな。

前回、写真のっけ忘れでした(これは最近の)

バナナプラントとわび草が大きくなってきたので、住み替えand剪定。毎日「ただいま♪」って話しかけてる。次に狙っているのは、ニムファ・ミクランサというスイレン科の草。ピンクが混じった葉が素敵。その前に、いよいよ水槽何とかしなきゃだ。

バナナプラント
わび草

Thank you ♪ また来てね!

現在の閲覧者数:
お知らせ
2017年6月9日更新 /出演予定 ★7月15~17日㈬「ピンポン」♪0歳からOKの子ども向け作品@座・高円寺 /バレエ講習会 ★2017年7月19日㈬@スタジオぼっくすおふぃす(銀座線「外苑前」下車8分) 1クラス2000円 詳しくはhttp://boxoffice.jp/news.html まで(8月23日、9月6日も開催決定) /オープンクラス情報(こちらのスタジオで、講師としてお世話になっております。お問い合わせは各教室、スタジオまでお願いします。) ★毎週月曜日 @エプリバレエスタジオ ★毎週火曜日 @カンパニーレゾナンス ★不定期水曜日 @ぼっくすおふぃすスタジオ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来場 ♪ 感謝
プロフィール

mikamikakumon

Author:mikamikakumon
公門美佳/Mika Kumon
ダンサー/バレエ講師
塚本洋子バレエスタジオ、アントワープバレエ学校、川口節子バレエ団をへて上京。1999年伊藤多恵と出会い衝撃を受ける。

主な出演:ダンスシアター他動式、かもねぎショット、黒沢美香&ダンサーズ、ラダンスコントラステ、二期会オペラ、カンパニーレゾナンス他
足跡プロジェクト主催(ソロ公演など)

他称:ふくよかなバレリーナ、イルカっぽい、むきたまご、声が大きい、いつもなんか食べてる、おいしそうに食べる、よく食べる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。